サラリーマンの生活苦トレード。

毎日の生活が苦しい。更に苦しめてるのが下手糞なトレード・・・だがいつかはトレードを成功させて自由気ままな人生を生きるのだ!

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死と生の距離。

サラリーマンが週休二日で働くように、為替相場も週休二日で動いている。
仕事前、仕事後、いつでも為替を見れるような状態であると、少なからずもポジポジ病という奇病が発生し、口座残高に軽いジャブ、最悪はKOを喰らうのが目に見えている。
しかし、この奇病はやっかいで、有能な頭の持ち主でも精神が弱ければ発生し、又誰にでも感染してしまうという現在の新型インフルエンザ並に、いやワクチンが作れてない分ポジポジ病はそれ以上に厄介なのかもしれない。

仕事の出勤前にチャートを眺めていると、出勤まであと30分という所なのにショートのサインが出ていた。いや、ポジっては駄目だ。もう30分後には会社なんだぞ、チャートをずっと見てられないし決済注文も出来ないではないか。
という考えとは逆に自分の体は3万通貨のユーロ円ショートをクリックしていた。

そして出勤5分前、10pipsの上昇後、ここで止めておけばいいものの、更に3万通貨のナンピンショートをしてたのである。
計6万通貨のショートポジションを持ってしまった私は、OCO注文を入れ会社に行くものの、そわそわし、頭の中はショートポジのことでいっぱいである。

休憩時間、会社のパソコンを付けユーロ円の状態を見てみると、OCOの損切り決済まで残り僅か10pipsまで迫っていたのである。
愕然とした私は、放心状態でそのあとの仕事をこなし帰宅。

パソコンを付けチャートを確認してみると、なんということか。
休憩時間の後、急激に下落が始まり、見事20pips + 30pipsの計50pipsをゲットしているではないか。

FXトレード54

生と死の境は何になるかは分からないが、自分自身をコントロールする事によって、少しは死から遠ざかることが出来るであろう。
少しは成長したいものです。

下のどっちでもいいです、押して帰ってくださいね。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

人気ブログランキングへ
COMMENT
こんばんは。
やっぱり相場って怖いですよねぇ。
中毒になるのも良くわかります。
一度当たった経験が、次もあるんじゃないかって
ドーパミンを出すんでしょうね。

私も死にたくないので、気をつけます(笑)

お互い頑張っていきましょう。

ぽちっ
コメントありがとうございます。
中毒は本当に怖いですね・・自分でもfxから抜け出せない感があります。
お互い頑張りましょう♪
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
無料ホームページ ブログ(blog)
ポプログ人気fxブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。